ゲームで運負けしない究極の方法

f:id:smcn616:20190327123004j:plain

みなさんこんにちは、しゅんくり〜むです。

僕はここ最近「ポケモン」に熱中しておりまして、メインブログでもポケモンに関する記事を多く書いております。

 

今回はその「ポケモン」のネット対戦である「レート対戦」に関係する記事を書かせていただきます。

 

 

 

運負けとは?

ポケモンというゲームは、これだけ世界的に知られているにも関わらずなかなかeスポーツ化されません。

その理由の一つに「勝敗に理不尽な運が絡みやすい」という要因があると僕は考えています。

 

ポケモン対戦では、追加効果による状態異常や不意の急所など、世界トップレベルのプレイヤーであってもビギナートレーナーに簡単に不利を取るような要素がたくさんあります。

そのためトーナメント形式の大会では、強さだけではなく運も持ち合わせていないと勝ち残ることは難しいのです。

 

 

 

ポケモン対戦厨は運負けが嫌い

さて、運負けは「賞金付き大会」という遠い場所だけでなく、ポケモン勢が普段から対戦している「レート対戦」でも起こりえます。

 

例えば、レートが1900の時にレート1600程の人とマッチングしたとしましょう。

レート1900である人の方がプレイングが上手いことは明白ですが、相手の技が急所に当たりまくったり、れいとうビームで凍ってしまったりすると、勝敗はたちまち分からなくなってしまいます。

 

これだけレート差があると負けた場合30ほど自分のレートが下がってしまうので、発狂してしまうのも無理はありませんね。

 

 

 

運負けしない究極の方法

前置きが長くなりましたが、ここからは僕が編み出した「運負けしない究極の方法」をご紹介したいと思います!

 

 

 

それは…

 

 

 

 

 

 

 

対戦しなければいい

 

 

 

 

 

対戦しなければ、運負けすることもないんだなぁ

 

 

 

 

 

まとめ

さて、「ゲームで運負けしない究極の方法」をご紹介しましたがどうでしたか?

…という茶番はおいておきまして、

 

 

運負けしないために「対戦しない」という選択肢は冗談抜きで重要な選択肢なのではないでしょうか?「全く対戦しない」のではなく、「連戦し過ぎない」という意味でです。

 

 

よくツイッター上で「運負けした、運だけヤロー死ね」などの運負け罵倒ツイートを目にしますが、その対戦は本当に運だけで負けたのでしょうか?

 

確かに不運が絡まなければ勝っていたかもしれません。

しかし、それまでのプレイングでその不運が起きる場面を回避できなかったのでしょうか?

また、その後のプレイングで不運で失ったアドバンテージを取り戻す方法があったのではないでしょうか?

 

対戦中に、不運が理不尽に訪れることは重々承知です。僕も人のことを言えないほど運負けツイートをします。

しかし、真に「運負け」を回避する方法とは「不運を乗り越えて負け試合にしないプレイング」であり、そのようなプレイングを可能にするのは適切な休憩・対戦数によって保たれる精神力」なのではないでしょうか?

 

ということで、運負けをなくすためには「対戦しない」という選択肢も重要だという話でした。

無理に特攻せず、適切な対戦数で有意義なゲーム生活を送りましょう!

 

以上です。