劣化記事として検索結果から弾かれた話

f:id:smcn616:20181201215618j:plain

さて、久しぶりに雑談記事を書いていきます!

 

グーグル先生にいじめられた

f:id:smcn616:20181201210905j:plain

グーグルの検索結果で、こんな表示を見た事ありませんか?

 

近年のグーグル先生は、検索結果をそのまま表示するのではなく、似た内容のページは上位ページしか表示しなくなっているようです。

 

僕の記事はクソ劣化らしいです

f:id:smcn616:20181201211256j:plain

pokemon-eden-siaf.hatenablog.com

つい先日、ポケモン専門のメインブログでこんな記事を書いたんです。

しかしこの子が、なかなか検索結果に表示されない…

 

「全ての検索結果を表示」にすると、1ページ目終わりあたりに現れるんですが、

通常の検索では、ほとんど表示されてないことに気が付きました。

 

要するにグーグル先生は、「お前の記事は、他の記事の劣化版だから表示せんでええよね」って言いたいんでしょうか?

 

絶対に劣化版ではない

自分で言うのもなんですが、「キノガッサ対策」で上位表示されているページと見比べても、自分の記事が劣っているようには思えない。

 

むしろ、簡潔さ、網羅性、見易さ、ほとんどの観点で自分の記事の方が優っていると思う。

 

それなりにビッグワードなのは、もちろん書く前から解っていました。

しかし、だからこそ、既存の記事よりも圧倒的に価値のある記事になるように心掛けた。

検索結果にさえ表示されれば、上位表示されるのも時間の問題だと信じて疑いようがない、

それだけの工夫と労力を盛り込んだ記事なのです。

 

労力を払ったからこそ悔しい

だからこそ、「類似した記事」として検索結果からはみ出てしまうのは本当に悔しい。

勝負さえさせてもらえないのが、本当に悔しい。

 

Twitterのフォロワーも、ブログの読者も少ない僕ですが、検索流入だけはそれなりに自信がありました。

しかし今回だけは、自分の拡散力の無さを恨みました…

スタートダッシュが切れなければ、戦うことさえできないのです。

 

情報発信は早い者勝ち

ということで最近、情報発信は「より早く発信した人」が有利という事をしみじみと感じています。

 

記事の質に関わらず、同じ事について執筆された記事は検索結果からはみ出てしまうんですね。

グーグル先生も酷いことをするもんです。

 

今のところの対策

他のページからの被リンクがあると、ある程度表示されやすくなるようです。

 

少し待ってみても表示されなかったら、もう大幅リライトしか道が無いですね。

悲しい。

 

という事で、以上です。

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました!