『ニワトリ』 が先か 『たまご』 が先か ~先に誕生したのはどっち?~

f:id:smcn616:20170729224457j:plain

「鶏 が先か 卵 が先か」という二択を耳にしたことはありますか?

 

鶏が先に誕生したなら、その鶏は何から生まれたのか?

卵が先に誕生したなら、その卵はどこから出てきたのか?

確かに、鶏と卵は、どちらが先なのか分かりませんよね。

 

今日は、そんな くだらない疑問について考えていきます。

 

 

一般的な結論

この疑問について一般的には、すでに結論が出されています。

 

その答えは、『ニワトリ』が先です。

 

これは、生物の進化論から結論付けられます。

進化論によると、生物は突然変異によって進化していきます。

そうなると、世界初の鶏は「鶏ではない先祖」から、突然変異して生まれることになります。

 

つまり、「鶏ではない先祖」が生んだ「鶏の『たまご』ではない卵」の中から、「世界初の鶏」が生まれたのです。

 

ということで、『ニワトリ』の方が先です。

 

 

また、こんな考え方もできる

ただ、一般とは違う考え方もすることができます。

 

卵は、中身が鶏になった瞬間、「ニワトリのたまご」ということになるので、

『ニワトリ』と『たまご』は同時に生まれたのではないか、

とも考えられます。

 

もちろんこれは、『たまご』の定義によります。

 

「これから鶏が生まれてくる卵」が『たまご』なら、『たまご』が先ですし

「鶏が入っている卵」が『たまご』なら、二つは同時ですし、

「鶏が産んで、鶏が出てくる卵」が『たまご』なら、『ニワトリ』が先です。

 

『たまご』という表現が、抽象的すぎますね。

 

 

さらに、こんな考え方もできる

今までの話は、『ニワトリ』が「ひよこも含めた 生物学的な鶏 だ」として話してきましたが、まずその前提は正しいでしょうか?

 

世間一般では、「ひよこ」が成長して「鶏」になります。

ならば『ニワトリ』は、「ひよこ」を含めない「鶏」かもしれません。

 

そうなると、『たまご』が先になります。

 

『たまご』の中にいるのは、「ひよこ」であっても「鶏」ではないのです。

「鶏」になるのは、「ひよこ」が生まれた遥か後なのです。

 

 

 

まとめ(結局は迷宮入り)

結局、どちらが先なのかは難しいですね。

 

『ニワトリ』と『たまご』という表現が抽象的すぎます。

これは、問題に欠陥がありますね!

 

答えが出ないわけです!(勝手に納得)

 

ということで、今回は以上です。