失墜の世界

狂々と堕ちて逝く

何処まで高く積み上げても

一度足を滑らせるだけで

狂々と

底辺まで

堕ちて逝く

 

見下げていた者に

見下され

見上げられていたのに

御挙げられなければ

生きられなくなる

 

せめて堕ちぬよう

せめて狂わぬよう

せめて逝かぬよう

 

底辺に決して焦点を合わさずに

高く尊く

積み上げよう

この地獄より辛い世界の中で

私が終焉を迎えるその時まで

いつまでも