夜を濁し

輝き乱れる

秋蛍

行き着く先は

どこまでも

黒に染まりし

無限の闇夜

 

そこに隠れる

終焉が

避け行き難き

終わりでも

せめてそこまで

輝いて

せめて眩しき

終焉に

 

世を濁し

輝き乱れる

蛍達

 

生き抜き進め

どこまでも

光に染まり

闇世を照らし

 

死しても輝け

いつまでも

光に染まり

闇世を照らし

 

僕も貴方も

闇世を照らす

蛍の群の

一人なのだから