『ニワトリ』 が先か 『たまご』 が先か ~先に誕生したのはどっち?~

f:id:smcn616:20170729224457j:plain

「鶏 が先か 卵 が先か」という二択を耳にしたことはありますか?

 

鶏が先に誕生したなら、その鶏は何から生まれたのか?

卵が先に誕生したなら、その卵はどこから出てきたのか?

確かに、鶏と卵は、どちらが先なのか分かりませんよね。

 

今日は、そんな くだらない疑問について考えていきます。

 

 

一般的な結論

この疑問について一般的には、すでに結論が出されています。

 

その答えは、『ニワトリ』が先です。

 

これは、生物の進化論から結論付けられます。

進化論によると、生物は突然変異によって進化していきます。

そうなると、世界初の鶏は「鶏ではない先祖」から、突然変異して生まれることになります。

 

つまり、「鶏ではない先祖」が生んだ「鶏の『たまご』ではない卵」の中から、「世界初の鶏」が生まれたのです。

 

ということで、『ニワトリ』の方が先です。

 

 

また、こんな考え方もできる

ただ、一般とは違う考え方もすることができます。

 

卵は、中身が鶏になった瞬間、「ニワトリのたまご」ということになるので、

『ニワトリ』と『たまご』は同時に生まれたのではないか、

とも考えられます。

 

もちろんこれは、『たまご』の定義によります。

 

「これから鶏が生まれてくる卵」が『たまご』なら、『たまご』が先ですし

「鶏が入っている卵」が『たまご』なら、二つは同時ですし、

「鶏が産んで、鶏が出てくる卵」が『たまご』なら、『ニワトリ』が先です。

 

『たまご』という表現が、抽象的すぎますね。

 

 

さらに、こんな考え方もできる

今までの話は、『ニワトリ』が「ひよこも含めた 生物学的な鶏 だ」として話してきましたが、まずその前提は正しいでしょうか?

 

世間一般では、「ひよこ」が成長して「鶏」になります。

ならば『ニワトリ』は、「ひよこ」を含めない「鶏」かもしれません。

 

そうなると、『たまご』が先になります。

 

『たまご』の中にいるのは、「ひよこ」であっても「鶏」ではないのです。

「鶏」になるのは、「ひよこ」が生まれた遥か後なのです。

 

 

 

まとめ(結局は迷宮入り)

結局、どちらが先なのかは難しいですね。

 

『ニワトリ』と『たまご』という表現が抽象的すぎます。

これは、問題に欠陥がありますね!

 

答えが出ないわけです!(勝手に納得)

 

ということで、今回は以上です。

バレーボールのIF記録のしかた(試合中の記録)

f:id:smcn616:20170630222942g:plain

 なかなか唐突で申し訳ありませんが、今回はバレーボールの記録員(IF)の記録の仕方について解説したいと思います。

というのも、バレーボールの公式戦には、試合の進行を記録する係がいるんですが、このやり方が、まあ面倒くさい。

 

なかなか分かり易いサイトも少ないので、今回作ってみることにしました。

 

とは言っても、今回紹介するのは、試合中の記録のみですので、試合開始前・試合終了後の記録については書いていません。

何か他の、正式な書類と一緒に見ることをお勧めします。

 

また、この記事を利用して発生した、いかなる損害についても私は責任を負いかねますので、重ねて言いますが、正式なルールブックと合わせて読むことをお勧めします。

今回は、試合中の記録の雰囲気を掴んでいただければ、幸いです。

 


ちなみに、用紙の記録例は、茶色の部分がすでに書いた箇所で、赤の部分がその時書く箇所です。 

では、今回は「緑Aチーム」と「紫Bチーム」の試合を例に挙げていきます。

 

 

 

ゲームスタート

f:id:smcn616:20170630224249g:plain

f:id:smcn616:20170630232829j:plain

審判が、サーブ許可の笛を吹いた瞬間の時刻を記録します。

茶色の部分は、試合前に提出される「めだま」を見て、背番号を書きます。

今回の場合、Ⅰ→1番、Ⅱ→2番…と、背番号とスターティングの位置を一致させています。

 

 

1回目のラリー

①緑Aチームの1番のサーブ

f:id:smcn616:20170630225027g:plain

f:id:smcn616:20170630232903j:plain

f:id:smcn616:20170630225059j:plain

 

サービス側の緑Aチームの、Ⅰの下のチェック欄の「1」の小さな数字にチェックをうちます。

これは、最初にⅠの位置だった人、つまり1番の一周目のサーブであることを示します。

そして、サーブを打っているのが1番であることを確認します。

打つ人が間違っていた場合は、サーブがうたれた瞬間に、ブザーを鳴らします。

 

②緑Aチームが得点する

f:id:smcn616:20170630225629g:plain

f:id:smcn616:20170630225755j:plain

f:id:smcn616:20170630225646j:plain

f:id:smcn616:20170630225824j:plain

1-0

ここで緑Aチームが得点すると、緑チームに一点加算され、スコアが「1-0」になります。

今回は緑Aチームが得点したので、緑Aチームの得点欄の「1」を斜線で消します。

サーブを打ったチームが得点した場合は、得点を斜線で消す作業のみとなります。

 

 

2回目のラリー

①再び、緑Aチームの1番のサーブ

f:id:smcn616:20170630230424g:plain

f:id:smcn616:20170630232903j:plain

f:id:smcn616:20170630225059j:plain

同じ人のサーブが続く場合、サーブが打たれる時は、記録することは何もありません。

 

②紫Bチームが得点する

f:id:smcn616:20170630230857g:plain

f:id:smcn616:20170630225755j:plain

f:id:smcn616:20170630230917j:plain

f:id:smcn616:20170630230929j:plain

1-1

紫Bチームが得点をすると、紫Bチームに1点加算され、「1-1」になります。

紫Bチームに1点+で、1点になるので、紫Bチームの得点の欄の「1」に斜線をうちます。

 

そして、今回はサーブを打たれる側だった紫Bチームが得点をしたので、サーブ権が紫Bチームに移行します。

そのときの緑Aチームの得点は「1」だったので、緑Aチームのチェック欄の、先ほどチェックをうった小さな1の数字の下に、「1」と書きます。

小さな数字が右上にある四角には、サーブ権が奪われた時の、自分たちのチームの得点を書きます。

 

 

3回目のラリー

①紫Bチームの2番のサーブ

f:id:smcn616:20170630233129g:plain

f:id:smcn616:20170630233200j:plain

f:id:smcn616:20170630233211j:plain

紫Bチームは、相手からサーブが打たれたラリーで得点したので、サーブ権を得て、時計回りにローテーションします。

すると、ここでサーブを打つのは、最初にⅠにいた1番ではなくて、最初にⅡにいた2番になります。

この場合、1番の1周目のサーブの欄には、大きくバツを書きます。

そして、最初にⅡの位置にいた2番の1周目のサーブになるので、Ⅱの下のチェック欄の小さな「1」の数字にチェックをうちます。

この時も、サーブを打つ人が間違っていないか、しっかり確認しましょう。

 

②紫Bチームが得点をする

f:id:smcn616:20170630234024g:plain

f:id:smcn616:20170630225755j:plain

f:id:smcn616:20170630230917j:plain

f:id:smcn616:20170630230929j:plain

1-2

紫Bチームが得点したので、紫Bチームの得点欄の「2」を斜線で消します。

今回は、紫Bチームのサーブから始まったラリーだったので、サーブ権は変わらず、引き続き紫Bチームです。

得点斜線以外は、記述する必要はありません。

 

 

4回目のラリー

①再び、紫Bチームの2番のサーブ

f:id:smcn616:20170630234516g:plain

f:id:smcn616:20170630233200j:plain

f:id:smcn616:20170630233211j:plain

引き続き、紫Bチームの2番のサーブなので、サーブが打たれる時に記述することはありません。

 

②再び、紫Bチームが得点する

f:id:smcn616:20170630234822g:plain

f:id:smcn616:20170630225755j:plain

f:id:smcn616:20170630230917j:plain

f:id:smcn616:20170630230929j:plain

1-3

紫Bチームが、再び得点したとします。

すると、紫Bチームにさらに1点追加されて「1-3」になるので、紫Bチームの得点欄の3の数字に斜線を入れます。

他に記述する箇所はありません。

 

 

5回目のラリー

①紫Bチームの2番がサーブミス

f:id:smcn616:20170630235330g:plain

f:id:smcn616:20170630233200j:plain

f:id:smcn616:20170630235424j:plain

f:id:smcn616:20170630225824j:plain

2-3

紫Bチームの2番がサーブをミスしたとすると、緑Aチームは1点+になり、サーブ権が緑Aチームの移ります。

なので、まず緑Aチームの得点欄の「2」に斜線をひき、その後、紫BチームのⅡの下のチェック欄に、この時の紫Bチームの得点「3」を書きます。

 

 

5・6回目のラリー間(選手交代)

◯緑Aチームの、2番と7番の選手交代

f:id:smcn616:20170701000445g:plain

f:id:smcn616:20170701000823j:plain

緑Aチームが、コート内の2番と、ベンチの7番の選手交代を申し出ました。

このとき記録員は、2番と7番が交代可能かを調べます。

ちなみに、交代可能な条件は、

・入る人も出る人も、このセットでは交代を一度もしていない場合

・4番と交代で2番が入った後、再び2番が、4番と交代で入る場合(入れ替わりになっている場合)

・1セットのそのチームの交代回数が6回以下の場合

 です。

今回は、どちらもこのセットでは交代していないので、交代可能です。

記録員は、副審に交代OKのサインを出して知らせます。

 

また、この時の記述は、2番の下に、入ってきた7番の背番号「7」を書き、下の点数欄に、「交代したチームの得点:もう一つのチームの得点」という形で書きます。

 

 

6回目のラリー

①緑Aチームの7番のサーブ

f:id:smcn616:20170701002104g:plain

f:id:smcn616:20170701002253j:plain

f:id:smcn616:20170630225059j:plain

サーブ権が緑Aチームに移ったので、緑Aチームはローテーションして、2番と交代で入った7番がサーブをうちます。

この時は、最初にⅡの位置にいた(はず)の人がサーブを打つので、Ⅱの下にある小さい「1」の数字にチェックをうちます。

このサーブは、最初にⅡの位置にいた人の1周目のサーブという位置付けなのです。

 

ここまでで分かっていただいたと思いますが、「サービスのチェック順」の欄の記録の順番は、

AⅠ1→BⅡ1→AⅡ1→BⅢ1→AⅢ1→BⅣ1→AⅣ1→BⅤ1→AⅤ1→BⅥ1→AⅥ1→BⅠ2→AⅠ2→BⅡ2→…

となっていきます。

ただし、初めにサーブから始まるか、レシーブから始まるかの関係で、AとBが逆(紙の左右が逆)になることもあります。

 

②緑Aチームが得点する

f:id:smcn616:20170701003338g:plain

f:id:smcn616:20170630225755j:plain

f:id:smcn616:20170630225646j:plain

f:id:smcn616:20170630225824j:plain

3-3

緑Aチームが得点したため、緑Aチームの得点欄の「3」の数字に斜線をうちます。

他は記述しません。

 

 

7回目のラリー

①緑Aチームの7番がサーブを打つ

f:id:smcn616:20170701003707g:plain

f:id:smcn616:20170701002253j:plain

f:id:smcn616:20170630225059j:plain

サーブは、引き続き緑Aチームの7番が打つので、サーブが打たれる時に記述することはありません。

 

②紫Bチームが得点をする

f:id:smcn616:20170701004101g:plain

f:id:smcn616:20170630225755j:plain

f:id:smcn616:20170630230917j:plain

f:id:smcn616:20170630230929j:plain

3-4

ここで紫Bチームが得点し、緑Aチームからサービス権を奪います。

紫Bチームの得点欄の「4」の数字に斜線をひきます。

そして、緑AチームのⅡの下のチェック欄に、この時の緑Aチームの得点「3」を書き込みます。

 

 

7・8回目のラリー間(選手交代)

◯緑Aチームの、7番と2番の選手交代

f:id:smcn616:20170701004945g:plain

f:id:smcn616:20170701005152j:plain

緑Aチームがコート内の7番とベンチの2番の選手交代を要求しました。

2番と7番は、先ほど交代した組み合わせなので、交代が可能です。

記録員は副審に交代が可能であることを伝えます。

 

そして、Ⅱの列に書いてある「7」という数字に丸をつけ、7番がすでにコート内にいないことを示します。

そして、その時のスコアを、さらに下に、「交代したチーム:別のチーム」の順番で書きます。

このスコアの書き順は、今回の場合は、緑Aチームでは「緑A:紫B」、紫Bチームでは「紫B:緑A」になるので注意してください。

 

 

8回目のラリー

紫Bチームの3番がサーブミス

f:id:smcn616:20170701184432g:plain

f:id:smcn616:20170701184224j:plain

f:id:smcn616:20170630235424j:plain

f:id:smcn616:20170630225824j:plain

4-4

紫Bチームの3番がサーブを打つ前に、紫BチームのⅢの下の「1」の数字にチェックをうちます。

その後、3番はサーブミス。

緑Aチームの得点欄の4を斜線で消し、先ほどチェックをうった欄に、この時の紫Bチームの得点「4」を書きます。

サーブ権は、緑Aチームに移行します。

 


9回目のラリー

①緑Aチームの3番のサーブ

f:id:smcn616:20170701185143g:plain

f:id:smcn616:20170701185245j:plain

f:id:smcn616:20170630225059j:plain

緑Bチームはローテーションして、3番のサーブです。

緑BチームのⅢの下の「1」の数字にチェックをうちます。

 

②緑Aチームが得点

f:id:smcn616:20170701210304g:plain

f:id:smcn616:20170630225755j:plain

f:id:smcn616:20170630225646j:plain

f:id:smcn616:20170630225824j:plain

5-4

緑Aチームが得点しました。

チームAの得点欄の「5」の数字を斜線で消します。

 

 

9・10回目のラリー間(タイムアウト

①紫Bチームがタイムアウトを要求

f:id:smcn616:20170701211111g:plain

f:id:smcn616:20170701211125j:plain

ここで、紫Bチームがタイムアウトを要求しました。

紫Bチームのタイムアウトの欄に、「紫Bチームの得点:緑Aチームの得点」の順番で記述します。

タイムアウトの欄の得点記述は、選手交代の時と同じく、「タイムアウトを要求したチーム:別のチーム」で記述します。

 

タイムアウトあけ

タイムアウトが終わったあとに、特別記述することはありません。

ただ、サーブ権が変わっていた場合はチェック欄にチェックを付けるのを忘れずに。

 

 

そしてラリーは続き…

f:id:smcn616:20170701213331g:plain

24-19

試合は進行して、緑Aチームのマッチポイントになりました。

サーブは、緑Aチームの3番からです。

 

今回は、場合分けをしてみていきます。

 

 

パターン1

f:id:smcn616:20170630225755j:plain

f:id:smcn616:20170630225059j:plain

f:id:smcn616:20170630225646j:plain

f:id:smcn616:20170630225824j:plain

25-19

そのまま、緑Aチームが得点した場合です。

 

f:id:smcn616:20170701214137g:plain

①緑Aチームの得点欄の「25」を斜線で消します。

②チェック欄の、この時の紫Bチームの得点である「19」に丸をうちます。

③使わなかった得点欄を大きなバツで消して、セット終了です。

④この時の時刻を、右上の終了の欄に書き込むことも忘れずに。

 

 

パターン2

f:id:smcn616:20170630225755j:plain

f:id:smcn616:20170701214325j:plain

f:id:smcn616:20170630230929j:plain

24-20

マッチポイントではない紫Bチームが得点した場合です。

 

f:id:smcn616:20170701214525g:plain

まだ緑Aチームは勝利していないので、このセットは続きます。

 

f:id:smcn616:20170630225755j:plain

f:id:smcn616:20170630233211j:plain

f:id:smcn616:20170630225646j:plain

f:id:smcn616:20170630225824j:plain

25-20

今回はさらに、緑Aチームが逆転されることなく勝利したとします。

 

f:id:smcn616:20170701215125g:plain

すると、パターン1よりも書く箇所が増えます。

 

①緑Aチームの得点欄の「25」の数字を斜線で消します。

②紫Bチームのチェック欄に、この時の紫Bチームの得点「20」を書き、丸を付けます。

③緑Aチームのチェック欄に、勝利した緑Aチームの得点「25」を書き、丸を付けます。この時、小さな数字にはチェックをうちません。

④使わなかった点数欄に大きくバツをうって、セット終了です。

⑤この時の時刻を、終了の欄に書くことを忘れないように。

 

つまり、相手からのサーブで始まるラリーで勝利した場合は、書く場所がふえるんですね。

 

 

2セット目、3セット目については、またの機会に追記したいと思います。