じゃんけんの謎と歴史に迫る!& 勝率アップ方法!

f:id:smcn616:20161108220943j:plain

※今回も、過去ブログの記事を基にしていますが、内容は大きく変更しております!

 

「グー」・「チョキ」・「パー」で、勝敗を決めるじゃんけん。

じゃんけん自体を知らない人は、ほとんどいないでしょう。

 

しかし、ふと疑問に思ったことはありませんか?

『なんで紙が石に勝つんだ!?』と。

( ↑ 負けた時の、定番な言い訳な気もしますが…)

 

今回は、そんなじゃんけんに関する疑問を解決しながら、‘‘ じゃんけん ’’ という遊びについて、深く学んでいきたいと思います。

 

そして後半には、心理学から見た「じゃんけん」勝率アップの方法も収録!

 

では、行ってみよう!

 

 

じゃんけんの起源

じゃんけんの起源は、なんと1800年代後半の日本!

九州で発明されたと言われています。

意外と歴史が浅いんですね!

 

その後、江戸時代から明治時代にかけて日本中に広まり、明治時代の文明開化後、世界に広まったものとされています。

 

世界中には、「じゃんけん」に似た三すくみのルールの遊びがたくさん存在していますが、「石」、「ハサミ」、「紙」を題材としたじゃんけんは、全て日本の「じゃんけん」を起源としています。

 

 

じゃんけんで、「紙」が「石」に勝つ理由

じゃんけんについて少しわかったところで、本題に入りたいと思います。

まず、「石(グー)」、「ハサミ(チョキ)」、「紙(パー)」の、勝敗を分ける理由をおさらいしましょう。

 

「石(グー)」と「ハサミ(チョキ)」の場合

 【石にはハサミの刃がたたないので、石が勝ち、ハサミが負ける】

 

「ハサミ(チョキ)」と「紙(パー)」の場合

 【紙はハサミで切ることができるので、ハサミが勝ち、紙が負ける】

 

「紙(パー)」と、「石(グー)」の場合

 【石は紙に包まれてしまうので、紙が勝ち、石が負ける】

 

おそらく、皆さんが紙が石に負けると言いたい理由は、石が紙を突き破れるからでしょう。

しかし、先ほど話した通り、「じゃんけん」が完成したのは、江戸時代後期から明治時代初期のころ。

そのころの紙は、皆さんが思い浮かべているようなコピー用紙ではなく、コピー用紙よりもはるかに頑丈な、和紙なんです!

 

そのため、石は和紙を突き破れずに包まれて、石は紙に負けるのです。

 

 

世界中のじゃんけん

先ほど話した通り、「石」、「ハサミ」、「紙」を題材としたじゃんけんは、日本を起源としていますが、日本とかかわりが少ない国では、日本の「じゃんけん」とは全く違った手を出すじゃんけんが存在しています。

 

そこで今回は、世界中の様々なじゃんけんを紹介します!

 

アメリカのじゃんけん

f:id:smcn616:20161108220926j:plain

アメリカのじゃんけんは、「石(グー)」、「ハサミ(チョキ)」、「紙(パー)」で、日本と同じです。

 

中国のじゃんけん

f:id:smcn616:20161108220926j:plain

中国のじゃんけんは、グー、チョキ、パーは日本と同じですが、パーが、紙ではなくて、布に変わっています。

 

中国のじゃんけんも、日本を起源としていますが、紙が布に変わった理由としては中国の紙が、日本の和紙のよりも硬く、曲げたり折ったりがしにくいため、条件を満たした「布」が普及したと思われます。

 

タイのじゃんけん

f:id:smcn616:20161108220926j:plain

タイのじゃんけんも、グー、チョキ、パーというところは変わりませんが、グーがハンマーになっています

 

ベトナムのじゃんけん

f:id:smcn616:20161108221037j:plain

ベトナムのじゃんけんは、グーとパーと、人差し指を立てたものの3つです。

グーはハンマー、人差し指は釘、パーは包装紙を表します。

 

勝敗は、人差し指をチョキとおきかえたモノと同じ。

ハンマーは釘を打ち、釘は包装紙を突き破り、包装紙はハンマーを包みます。

 

インドネシアのじゃんけん

f:id:smcn616:20161108221048j:plain

インドネシアのじゃんけんは、「グー(象)」、「人差し指(人)」、「小指(アリ)」の3つからなります。

 

【象は人を潰すが、アリは小さすぎて踏めない】

【人はアリは殺せるが、象に潰される】

【アリは人に殺されるが、象に踏まれない】

という勝敗がついています。

 

ミャンマーのじゃんけん

f:id:smcn616:20161108221058j:plain

ミャンマーのじゃんけんは、「銃」、「上官」、「虎」からなっています。

日本とは違い、ジェスチャーでじゃんけんをします。

 

【銃は虎を殺せるが、上官にはそむけない】

【上官は銃に殺されないが、虎に食われる】

【虎は銃に殺されるが、上官を食い殺せる】

といった、勝敗がついています。

 

フランスのじゃんけん

f:id:smcn616:20161108221114j:plain

フランスのじゃんけんは、なんと4つ!

1勝2敗、「石」を表すグー。

1勝2敗、「ハサミ」を表すチョキ。

2勝1敗、「葉」を表すパー。

2勝1敗、手の指で孔を作り、「井戸」を表す丸。

上の図は、赤が勝ち、青が負けを表しています。

 

グー、チョキ、パーの勝敗は、日本の「じゃんけん」と同じです。

【石は、井戸に落ちるから負け】

【ハサミも、井戸に落ちるから負け】

【葉は、井戸に浮くから勝ち】

 

普通にやったら、絶対にパーか井戸を出しますが、そこに「じゃんけん」にはない駆け引きが生まれるのでしょう。

 

 

じゃんけんで勝ちやすい方法

では、お待ちかね。

じゃんけんで勝率がアップする方法をご紹介!!

 

あくまで確率の話なので、絶対勝てるわけではありませんが、必ず勝ちたいじゃんけんだった時には、ぜひ使ってみるといいかもしれません!

 

まず言いたいこと

まずはじめに言いたいことは、じゃんけんは単純な確率ゲームではなく、駆け引きが生まれる心理戦だということです。

本当にじゃんけんに勝ちたいのならば、適当に出すなんてことはしてはいけません。

相手を、自らの術中にはめるために、様々な細工をしなくてはならないのです!

 

 相手を惑わす、魔法の言葉

相手を惑わし、自らの術中に陥れるための魔法の言葉があります。

その言葉を発することで、単純な確率計算で求められたあなたの「1/2」という勝率は、一気に跳ね上がります!

その言葉は…

「私はチョキを出す!」 です!

 

この魔法の言葉を、じゃんけんをする前に一度だけ言い、自分はパーを出すことで、じゃんけんの勝率は大幅に上がります。

ただ、この魔法の言葉は何度も復唱せず、1度だけしっかりと言ってください。

さらに、魔法の言葉からじゃんけん開始までに、数秒~十数秒のシンキングタイムをとると、より効果的になります。

 

なぜ、勝率がアップするのか

つづいて、魔法の言葉によって勝率がアップする理由を説明したいと思います!

 

1-強制二択誘導

魔法の言葉を発して、少し考える時間を与えることで、相手はこう考えてしまいます。

 

「言葉通り、チョキを出すのだろうか? それともハッタリなのか?」


この二択は、一見普通の二択に思えますが、こう考えた相手がどのような手を出してくるかを考えれば、答えは明白です。

そう、相手はグーを出すか、それ以外を出すかの二択を、50%で迷っているのです!

 

2-安全牌の非安全化

相手が、グー以外を出すことを選択した場合の考えです。

既に自分は「チョキを出す」と宣言しているので、それに対してあいこになるチョキか、それに負けるパーかの二択を迷うことになりますね。

 

ここで、グーやパーではなく、あえて「チョキを出す」と言ったことが活きます!

グーやパーを出すと言っていた場合は、人間の心理的に、とりあえず安全そうな、宣言されたのと同じ手を出しやすくなります。

しかし、宣言した手と同じ手が出しやすいと、負けないためには、1で説明した通り一番出す確率が高い、宣言した手に勝つ手に、あいこになる手を出さなくてはならなくなります。

これは、もったいないですよね。

 

そこで、「チョキを出す」宣言です!

チョキは、他のグーやパーに比べて複雑な手であるため、人間の心理では、安全策としては選ばれにくいのです!

安全策として選ばれにくければ、先程話したルールは適用されず、結果チョキは選ばれにくくなります。

そのため、「チョキを出す」宣言をし、パーを出した時が、一番勝率が高くなるのです!

 

あいこ

あいこになる…つまりは相手が二番目に出しやすいパーを出してきた時の考えです。

あいこでは、グーを出した時が一番勝ちやすいです!

 

何故かというと、一回目にパーを出したということは、安全策を取ったという事になり、そうなると二回目は、何かしら一回目とは異なった方法を取りたがってしまう人間の心理があるためです。

安全の対義語の危険と近いイメージである複雑なチョキが最も出されやすく、二番目にパーではない手としてグーが出されやすいです。

 

二度目のあいこ

二度目のあいこ…つまりは三度目のじゃんけんです。

こちらも相当単純です。

もう一度グーを出すのが効果的です!

 

なぜなら、今まで相手が出してきた手が、「パー⇒グー⇒?」だからです。

こうなれば、7~8割の人は、次にチョキを出してしまうんです!

 

 

 

まとめ  ~じゃんけんって奥が深いね!~

今回、じゃんけんについてみてきたわけですが、じゃんけんも、なかなか奥が深いですね!

 

今では常識的なじゃんけんも、起源があれば歴史もある。

楽しみ方も、勝ち方も、無限大です!

 

以上です。(letters2700)

 

無敵のチートキャラ ~定理と敗因~

f:id:smcn616:20161107223932j:plain

はい、今回も、以前のブログの記事の推敲・増量バージョンになります…

さすがにコピペではないので、安心してくださいね!

それではどうぞ!

 

漫画のラスボスなどでよく見られる、絶対に倒せないような能力をもっている

キャラクター「無敵キャラ」。

主人公が最終回に無敵化することもよくありますね。

 

今回は、そんな無敵キャラの一部を選出し、無敵キャラの定理や敗因などについて

探っていきたいと思います!

 

 

ドラゴンボール 『孫悟空

f:id:smcn616:20161107222034j:plain

ドラゴンボール最強の主人公。

圧倒的な基本戦闘能力を誇り、敵が強くなればなるほど修行で強くなるという主人公補正によって、作中ではほとんど負けません。

もし負けたとしても、ドラゴンボールで生き返るので、ほぼ無敵です。

 

戦闘能力   ★★★★☆

特殊能力   ★★☆☆☆

知能     ★★★☆☆

機動力    ★★★★☆

不老不死度  ★★★☆☆

カリスマ性  ★★☆☆☆

 

チート能力  ドラゴンボールによる無限復活』

何度死んでも、主人公の特権で何度でもよみがえってしまいます!

 

敗因  『敵を倒すため、味方を守るために敵と死ぬ』

ラディッツの時とセルの時に死にましたが、どちらも共通して敵といっしょに死んでいます。

無敵キャラが死ぬ要因の一つとして、自分以外のために死ぬことがありますね。

 

 

暗殺教室 『殺せんせー』

f:id:smcn616:20161107222049j:plain

暗殺教室無敵キャラ。

マッハ20という半端ない速さを持っています!

 

戦闘能力  ★★★☆☆

特殊能力  ★★☆☆☆

機動力   ★★★★★

不老不死度 ★☆☆☆☆

カリスマ性 ★★★★★

 

チート能力1 「マッハ20の移動速度」

マッハ20というとんでもない速さで、どんな攻撃もよけてしまいます。

 

チート能力2 「死神としての様々な分野の技術」

死神と呼ばれた暗殺者であったときに身に着けた様々な分野の技術を駆使します!

二代目死神との闘いの時も、単純な戦闘力の差を、経験の力で埋めていました。

 

死因 『入念に準備された計画』

直接の死因は、渚が殺せんせーの心臓を刺したことですが、全体的に見ていくと、殺せんせーが追い込まれた要因は、入念に準備された計画にあります。

夏休みの生徒の暗殺計画も、物語の最後の政府の計画も、入念に準備がなされていたことで、殺せんせーは追い込まれていました。

生徒の存在も含め、殺せんせーには結構弱点が多いので、それを補って無敵キャラとして君臨しているキャラクターは、入念に準備された計画に弱いですね。

  

 

ジョジョの奇妙な冒険 『カーズ』

f:id:smcn616:20161107222104j:plain

エイジャの赤石によって究極生命体となった人物です。

究極生命体の名の通り、無敵を体現したチートキャラです。

 

戦闘能力   ★★★★☆

特殊能力   ★★★☆☆

知能     ★★★★☆

機動力    ★★★☆☆

不老不死度  ★★★★★

カリスマ性  ★★★☆☆

 

チート能力  『完全なる不老不死』

究極生命体となったことで、何をしても絶対に死にません。

 

死因・敗因  『宇宙に飛ばされて行動不能』

絶対に死にませんが、故意に誘発させられた火山の爆発に巻き込まれ、宇宙に飛ばされ、その後地球に戻れませんでした。

不老不死でも、行動不能にされて負けることもよくありますね。

 

 

ジョジョの奇妙な冒険 『ディオ』

f:id:smcn616:20161107222537j:plain

無敵キャラが多いジョジョの中で、カーズとはまた違った無敵キャラ。

様々なチート能力を持ち、慎重に行動していたら、絶対に負けなかったはずです。

 

戦闘能力   ★★★★☆

特殊能力   ★★★★☆

知能     ★★★☆☆

機動力    ★★★★☆

不老不死度  ★★★★☆

カリスマ性  ★★★★★

 

チート能力1 『世界(ザ・ワールド)』

スタンド能力「世界」で、時を止められるというチート中のチート能力を持っています。

止められる時間は最大9秒程度でしたが、止まった時の中で動けるのは、もともとディオのみだったので、瞬殺しようとしていれば、ジョジョの一行は簡単に全滅させられていたでしょう。

 

チート能力2 『ほぼ不老不死』

傷を負っても血を飲めば復活するという、ほぼ不老不死の肉体をもちます。

唯一、日光を浴びると死んでしまいます。

 

死因  『油断とおごり』

慎重に行動していれば、絶対に負けないはずのチート能力を持つディオでしたが、ディオは油断とおごりの塊なので、そこをつかれて、行動不能にされてしまいました。

その後、日光を浴びせられて消滅します。

 

 

DEATH NOTE 『夜神月

 

f:id:smcn616:20161107222550j:plain

最強キャラを語るなら絶対に欠かせないキャラ。

肉体スペックは普通ですが、デスノートによる特殊能力と超人的頭脳のコンボは最強です。

 

戦闘能力   ★☆☆☆☆

特殊能力   ★★★★★

知能     ★★★★★

機動力    ★☆☆☆☆

不老不死度  ☆☆☆☆☆

カリスマ性  ★★★★★

 

チート能力  『デスノートによる暗殺』

顔と名前が分かる標的なら、死因も設定して、瞬時に殺すことができます。

 

死因  『高い理想・失敗』

まず月の死を根本から考えると、月が理想の世界の実現を追い求めすぎたことがあげられますね。

それだけでなく、かなり高知能だった月ですが、魅上など、他の知能が月よりはるかに下の人間を使いすぎた事も、月が追いつめられた大きな失敗だったのではないでしょうか?

 

 

HUNTER×HUNTER 『メルエム』

f:id:smcn616:20161107222602j:plain

HUNTER×HUNTERの最強敵キャラ。

絶対的に強かったはずのネテロが、ほぼ手も足も出ずにやられるほどです。

明確な特殊能力、チート能力はありませんが、王として生まれ持ったその圧倒的な

才能や、絶対的な戦闘能力で無敵キャラとして君臨していました。

 

戦闘能力   ★★★★★

特殊能力   ★★☆☆☆

知能     ★★★★☆

機動力    ★★★★☆

不老不死度  ★★☆☆☆

カリスマ性  ★★★★☆

 

死因  『兵器による毒殺』

薔薇と呼ばれる爆弾が、起爆時に放出する毒によって死亡しました。

戦闘では圧倒的に強くても、毒には勝てませんでした。

 

 

BLEACH 『藍染惣右介』

f:id:smcn616:20161107222628p:plain

チート的特殊能力に加え、圧倒的な知力、戦闘能力を持つというチートキャラです。

ほぼ完全無欠といえます。

 

戦闘能力   ★★★★☆

特殊能力   ★★★★★

知能     ★★★★☆

機動力    ★★★★☆

不老不死度  ★★★★★

カリスマ性  ★★★★★

 

チート能力1 『鏡花水月による完全催眠』

相手の五感すべてを支配し、物事を誤認させることで、相手を意のままに操ることができる能力を持ちます。

能力発動の制約には簡単な条件のみしか存在せず、さらに完全催眠から逃れる方法は存在していましたが、長きにわたり口外されず、自力での発見もほぼ不可能な条件だったので、無いに等しい状態でした。

 

チート能力2 『崩玉との融合による不死』

どんな傷を負っても死にません。

完全な不死です。

 

敗因  『高知能を持つ者による封印・孤独?』

直接的な敗因は、藍染を超える知能を持つ者の術中にはまり、封印されたことですが、封印が発動したのは、藍染自身の力が弱まったからという見方もあります。

現に、BLEACHのクライマックスでは封印が解けましたが、主人公と共闘し、その後再び封印を受け入れている様子でした。

強さゆえの孤独を持つ藍染が、心の奥で弱くなることを望んだ結果が、藍染の敗因なのかもしれません。

   

 

ワンパンマン 『サイタマ』

f:id:smcn616:20161107222617j:plain

知能には欠けますが、どんなに強い敵もワンパンで倒す無敵キャラ!

たぶん今後も、負けるどころか窮地に追い込まれることもないと思う。

 

戦闘能力   ★★★★★

特殊能力   ★☆☆☆☆

知能     ★☆☆☆☆

機動力    ★★★★★

不老不死度  ★★☆☆☆

カリスマ性  ★☆☆☆☆

 

チート能力  『ただ単純に強すぎる』

チートどうこうの前に、ただ単純に、圧倒的な戦闘能力を持っています!

あらゆる敵を、ワンパンで粉砕します!

 

弱点   『知能の低さ』

常識外の低さを持つわけではありませんが、頭脳明晰には程遠い頭脳です。

いつか負けるとしたら、ここが敗因になるのではないでしょうか?

 

 

まとめ

単純な戦闘などでは絶対に負けないはずでも、変則的な部分でやられたり、行動不能にされたりして、無敵キャラは負けることが分かりましたね。

 

絶対に負けない無敵キャラは、物語ではあまり登場させない方がいいため、無敵と思われるキャラでも、基本なにかしらされて倒されます。

 

その点、ワンパンマンのサイタマは異質ですが、無敵なのに面白いのが、素晴らしい所でしたね。

 

以上です。(letters2600+)