読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マリオに倒され続ける、クッパの負け犬の歴史

雑話

f:id:smcn616:20160827223801j:plain

みなさんこんにちは。

今回の記事はマリオシリーズ関連です。

ただ、今回スポットライトを当てるのはマリオではなくクッパ

 

「マリオ」シリーズの敵役として知られるクッパですが、クッパは『ゲーム史上、最も偉大な悪役』として、ギネス記録にも認定されている程の大御所敵役です!

しかし、大御所であっても敵役の運命には逆らえず、度々マリオにやられてしまっています。

 

ということで今回は、そんなクッパの負け犬人生を振り返ってみようと思います!

では、いってみよう!

 

 

1985年『スーパーマリオブラザーズ

f:id:smcn616:20160827180537j:plain

記念すべき、マリオシリーズの1作品目です。

 

各ワールドに自分の偽物の部下を配置し、自らはワールド8で待ち構えていました。

お決まりのごとく、吊り橋の縄を切られて溶岩に落下し、死亡。

一説によると、マリオを溶岩に落とそうとしていたそうです。

 

 

1986年『スーパーマリオブラザーズ2』

f:id:smcn616:20160827181827j:plain

マリオシリーズ2作品目です。

 

ワールド8に引き続き、おまけのワールド9にも登場します!

…が、ワールド9に登場するクッパは、天井の上を通れば素通りができます。

これは、「倒されなくて良かった」と喜ぶべきなのか…?

 

 

1988年『スーパーマリオブラザーズ3』

f:id:smcn616:20160827182521j:plain

マリオシリーズの、3作品目です。

 

今回クッパが待ち受けるのは、吊り橋ではなくレンガの足場です!

炎やハンマーのみだけでなく、ジャンプして踏み潰す攻撃もしてきます!

ただ、アホとしか言いようがない事に、着地の衝撃で床のレンガを破壊し、勝手に自滅していきます…

 

 

1990年『スーパーマリオワールド

f:id:smcn616:20160827183725j:plain

マリオシリーズの、4作品目です。

 

ヨースター島でバカンスを楽しむマリオたちを襲撃し、ピーチさらいます。

クッパクラウンで空を飛んで、倒されないように工夫してみたのはいいんですが、自分が投下したメカクッパを投げ返されて、死亡します。

やはり、アホなことに変わりはありません。

 

 

1996年『スーパーマリオRPG

f:id:smcn616:20160827184603j:plain

RPG形式のマリオ作品です。

 

この作品では、クッパはなんとマリオと共闘します!

城が壊されたり、部下に逃亡されるなど、いろいろと可愛そうな目に遭いましたが、初めてのマリオとの共闘で、最後まで倒されずに生き残りました!

 

 

1996年『スーパーマリオ64

f:id:smcn616:20160827185114j:plain

絵の中の世界に入って冒険する、マリオシリーズの一作です。

 

合計3回、マリオと戦います!

今までの、炎を吹く攻撃などに加え、瞬間移動をしたり地震を起こしたりします!

しかし今回も吊り橋同様、 決戦場所の周りに配置していた爆弾をマリオに利用され、合計3回も倒されてしまいます…

 

 

2002年『スーパーマリオサンシャイン

f:id:smcn616:20160827185906j:plain

スーパーマリオ64』の続編の作品です。

 

この作品にはクッパだけでなく、クッパJr.も初登場します!

可愛そうなことに、クッパJr.はクッパに、母親はピーチ姫だと教えられています…

最後は親子ともども、倒されてエンディングです。

 

 

2005年『スーパープリンセスピーチ

f:id:smcn616:20160827190551j:plain

マリオではなく、ピーチが主人公の作品です。

 

クッパにさらわれたマリオをピーチが助けに行きます!

最後の戦いでは、倒しても巨大化して復活しますが、ピーチに向けて投げたボム兵を投げ返されて死亡。

クッパは、ピーチにさえ倒されます…

 

 

2006年『New スーパーマリオブラザーズ

f:id:smcn616:20160827213152j:plain

スーパーマリオシリーズの、DSの作品です。

 

クッパが、完全に最近のフォルムになりましたね!

ワールド1で登場しますが、第1作のように釣り橋を落とされて溶岩に落下します。

ワールド8では、骨クッパとなって復活しますが再び倒され、ラスボスとしてクッパJr.と共に登場しても、結局倒される。

本作では、計3回倒されています。

 

 

2007年『スーパーマリオギャラクシー

f:id:smcn616:20160827214126j:plain

銀河を舞台とした、マリオシリーズの作品です。

 

今回のクッパの野望は大きく、「銀河帝国」を創ろうとしています。

大型の兵器も多数導入し、新しい技を使ってみたり、さらに口ぶりも従来よりクールにしてみたりと、マリオを倒すべくイメチェンをしてみたクッパですが、またまた3度も倒されました。

 

 

2009年『New スーパーマリオブラザーズ Wii

f:id:smcn616:20160827215508j:plain

マリオシリーズの、Wiiの作品です。

 

今回はワールド8で、ラスボスとして待ち構えているクッパですが、それまでは全く出番がありません。

お決まりのスイッチで、溶岩に落とされて死亡…と思いきや、魔法で巨大化しました!

圧倒的威圧感で襲ってくるクッパですが、その先にあるスイッチで床を抜かれて死亡。

ホントに、なぜそんなスイッチを用意しておくんでしょうか…?

 

 

2012年『New スーパーマリオブラザーズ 2

f:id:smcn616:20160827220549j:plain

マリオシリーズの、3DSの作品です。

 

今回もワールド8に登場し、倒すと巨大化します。

親切なことにクッパは、迫り来る溶岩から逃れるためのリフトを用意してくれているので、それに乗って最上階まで逃げ上がり、スイッチで床を抜いてクッパ死亡です。

エンディング後のワールド9に登場する骨クッパも同様に、倒されるための準備をしてくれているので、簡単に倒せます。

親切ですね!

 

 

2012年『New スーパーマリオブラザーズ U

f:id:smcn616:20160827221521j:plain

マリオシリーズの、WiiUの作品です。

 

今回のクッパは、DSの時のように、クッパJr.とセットで登場します!

超巨大なクッパですが、今回はスイッチを用意していないため、クッパとの本当の直接対決になります!

巨大クッパは、踏んでもダメージを与えられませんが、クッパJr.のクラウンなどを利用して倒します。

もしクッパ単体だったら、倒すのは結構難しいのですが…

 

 

まとめ

いやぁ~、流石は敵役の大御所。

様々なバリエーションの倒され方をもっていますね!

 

さて今回、クッパの負け犬の歴史を見てきたわけですが、皆さん、クッパが今まで何回マリオに倒されてきたか、知りたくないですか?

私も知りたかったので、計算しようと試みたのですが…

倒されすぎてて数えきれない!

 

すみません。

100回くらいは倒されてる気がしますが…。

 

ということで、以上です。

日常のあるある的な忘れ事集!

雑話

f:id:smcn616:20160822184251j:plain

みなさん、こんにちは。

今回は、あるあるネタです!

日常生活でよくやってしまうような、あるあるな忘れ事を書き綴っていきます。

あるあるかないないかを考えながら、一喜一憂して見てくださるとうれしいです。

 

では、いってみよう!

 

 

何をしに来たのかを忘れる

f:id:smcn616:20160822185424j:plain

人間A「トイレに行きたいな」

人間Aは階段を上り、トイレのある二階に来た。

人間A「あれ、何をしに二階に来たんだっけ?」

トイレに限らず、何かをしようとして行動を起こした時によく起こる事。

 

立ち上がったら忘れる、道具を取りに行ったら忘れるなど、レパートリーは多彩です!

このネタがあるあるな時点で、人間の脳みその構造が疑わしくなります。

 

 

今日が何曜日か忘れる

f:id:smcn616:20160822190638j:plain

人間A「今日は土曜日やね! 明日も休日や」

人間B「日曜やろ。 サザエ◯んやってるやん」

人間A「がびーん」

 毎日一つずつずらしていくだけなのに、なぜか覚えていられない。

 

日にちにも同じことが言えますが、意外と忘れてしまうんですよね。

構造は単純なはずなのに。

人間の脳みそは、こんな単純な事も忘れてしまうのでしょうか。

 

 

明日だと思ったのが、昨日か今日か忘れる

f:id:smcn616:20160822192004j:plain

人間A(確かに、明日やらなきゃいけないと思った記憶はあるんだけど…それを思ったのって、今日だっけ?昨日だっけ?

人間A「あれぇ~?」 

 何かやらなきゃいけない事があって、「明日やらなきゃ」とは思っても、それを思ったのが、昨日か今日か記憶に無い。

 

これ、私は結構あります。

デジャヴみたいに、記憶はあってもいつの記憶かが分からない感じです。

私の脳みそは大丈夫なのでしょうか…

 

 

必死に覚えた二択の、正誤を忘れる

f:id:smcn616:20160822204647j:plain

人間A(こっちっぽいけど間違えで、ホントはこっちだったはず)

人間A「…こっちってどっちだっけ? どっちが間違えだっけ?」 

 二択の正誤を必死に覚えたはずなのに、どちらがどちらか分からなくなる。

 

私はテストで、これをよくやります。

「こっちは選んじゃダメ」とか覚えても、ホントにワケ分からなくなるんですよね…

私の脳みそは、ポンコツでしょうか?

 

 

名称を忘れた時の「入っている文字」は、入ってない

f:id:smcn616:20160822210857j:plain

人間A「何だっけ、それ。 出てこない!」

人間B「当ててみて」 

人間A「『ぬ』が入ってた気がする…」

人間B「セグウェイな。 『ぬ』入ってねえよ

人間A「それそれ、思い出した!」

 何かを見て名称が出てこない時、「『(文字)』が入ってたはず」とか言うけど、その文字は大体入っていない。

 

親しい人と話しているときに、よくやるやつですね。

あの文字は、記憶のどこに入っていたのだろうか?

人間の脳みそは、よくわからない所から謎が湧いてきますね…

 

 

何で悩んでいたかを忘れる

f:id:smcn616:20160822212637j:plain

人間A「うーん、うーん…」

人間B「何で悩んでいるんだい?」

人間A「何で悩んでいたのかで、悩んでいるんだ…」 

 悩んでいるうちに、色々な事を考えてしまい、陥ってしまう失敗。

 

一人で部屋で悩んでいると、結構やってしまいません?

悩んでいると、少しずつ議題がズレてくるんですよ。

人間のアタマは、ワいているのかな?

 

 

何をすべきだったかを忘れる

f:id:smcn616:20160822213831j:plain

人間A「何かをしなくてはいけないことは、しっかりと覚えている」

人間B「何をしなきゃいけないの?」

人間A「それを覚えていないから、困ってんだよ!」 

 何かをすべきなのは覚えているが、その肝心の「何か」を覚えていない。

 

誰でも一度はやってしまったことはあるはずです。

コレ、本当に思い出せないんですよね…

人間の脳みそは、スポンジ並ですね!

 

 

まとめ ~脳みそってダイジョーブ?~

さて今回、日常でよくやってしまうあるある的忘れ事を見てきたわけですが、これを見返してみて思ったのが、「人間の脳みそって、大丈夫なのか?」

 

なんか、忘れてばっかりですよね…

果たして人間は、知的生命体と呼んでいいのか!?

疑問ですね。

 

以上です